陶芸家

陶芸家

< サイト・コンセプト >
「転職 サポート*夢さがし」では、転職希望者へのサポートアドバイスのほか、転職候補となる専門的な職業もご紹介しています。
「今すぐ転職しようか?」と思い悩む前に、どんな仕事があるのか調べ、自分のあり方を決めて、着実な転職準備をしましょう!
夢は何度も追いかけるもの。 転職は敗北ではなく挑戦です。「転職 サポート*夢さがし」で、あなたの夢を追いかけませんか?
<スポンサード リンク>


【職業情報一覧】 - 製造・技術2 -
陶芸家

陶芸家とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる職人のこと。陶芸家は、土もみ、形作り、轆轤(ろくろ)回し、絵付け、窯焼きなどの作業工程を経て陶磁器や壷、皿などを製作する。日本古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続く代表的な六つの窯を総称して、「日本六古窯」と言うが、日本六古窯には信楽焼・越前焼・備前焼・瀬戸焼・常滑焼・丹波焼が挙げられる。そうした地域を中心に、多くの陶芸家が日々作品の製作にいそしんでいるが、陶芸家の世界は、「土こね3年、ろくろ8年」と言われるほど長い修業期間を要する。

陶芸家になるには、まず陶芸課程のある美術系の大学、専門学校に進学し、知識と技術を学んでから、著名な陶芸家に弟子入りする方法が一般的である。プロの陶芸家になるには、かなりの実力が必要である。


スポンサードリンク